海外から戻ってきた小さなモンスター【南京虫駆除を業者に依頼】

空からの住宅被害を防ぐ

鳩

侵入させない工夫が肝心

住宅に害をなす動物というと、シロアリやダニなど一般には地を這う生き物が思い浮かびます。しかし、時には空から災いがやって来ることもあります。その代表格と言えるのが、鳩です。鳩は公園や神社の境内に群れている姿を見かけることからも分かる通り、人間が近くにいても生活できます。そして、しばしば民家やビルなどに営巣します。鳩による被害が最も多いのは、マンションや戸建て住宅のベランダです。鳩は特定のエリアに執着する性質があるので、追い払っても同じベランダに何度もやって来ます。そして鳴き声や羽ばたきで安眠を妨げるほか、糞でベランダの床や外壁を汚します。時にはその糞が害虫の発生源になることもあります。鳩を近づけないための対策としては、まずはベランダの整理整頓が重要です。巣を作りやすい死角をできるだけ作らないようにするとともに、常に人間の手が入っている様子を見せる必要があります。また、こまめに掃除を行って糞などを見つけたらすみやかに取り去ることも鳩除け対策になります。つまり、鳩にとって落ち着きづらい場所であることをアピールするわけです。ただ、こうした消極的な対策のみでは限界もあります。十分な効果が見られない時は、鳩除けグッズを利用するなどの積極的な対策が必要となります。侵入防止用のネットや鳩がいやがるニオイを発する忌避剤などはホームセンター等で購入できますし、専門業者に依頼すれば手すりにスパイクを設置するなどの本格的な工事に対応してもらえます。